タイトルの通り日々の平凡日記を書き綴っています。
日々の平凡日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
ルーク、私の考えはこうだ
2007-12-31-Mon  CATEGORY: 日記


レイトン教授と悪魔の箱をゼンクリしたので、その感想を書きたいと思います。

ネタバレなので、大丈夫な方だけどうぞ。

続きからどうぞ。


~全体的な感想~

アニメのクオリティたけえええええ!!
流石はレ/ヴ/ェ/ル/5だな。

ゲーム本編はアニメ見て10時間ちょいです。
内容はレイトン先生がさまざまな謎を解いていく物語です。
謎と言っても色々な謎があり、引っ掛け問題、数学問題(まあまあ難しかった)などがありました。
謎が難しすぎてOTLになることが多すぎる!
しかしノーヒントで解ける問題もありました。これならいやあ爽快だ!
10時間なので展開が早かったですが、良い物語でした。最後がもう…感動する!
別のやりこみ要素として、紅茶ブレンド、ハムスターのダイエットがありました。


紅茶ブレンドは失敗したときのセリフが面白く、泡が吹いていたり、泥色のような紅茶が完成したりと色々なセリフが聞けて飽きなかったり
紅茶を振舞うと、ナゾを出してくれます。

ハムスターはメタボリックでハイパー激デブの(言いすぎ)ハムスターを預かってダイエットさせたりするのですが、ハムスターが関西弁で喋り
「わて、動くの苦手やねんて」

やら
「何か食いモン無いんか?あー?」
など絶対サングラスが似合うような口調で喋るのが特徴です。
何故喋るのかと言うとレイトン教授の助手、ルーク(決して赤毛ではない)が動物と喋れるからです。

ではキャラ語り


レイトン教授
本名はエルシャール
物凄く冷静沈着、何時でもドコでも慌てなさすぎなところがカッコイイです。
紅茶好き、「英国紳士」という言葉を使う(癖なのかこれ?)随時シルクハットを被っているが、取ったところを誰一人見たことが無く、帽子の下は永遠のナゾである。
悪魔の箱ではフェンシングでおぼっちゃまのアンソニーとほぼ互角である。いや、どこで習ったのかもナゾである
また、カティアを間一髪の所で助けるなどスタントマンみたいな俊敏な動きをしていたので
スタントマンになったほうがいいんじゃないのか?この教授。



ルーク
レイトンの助手。姉いわく「前作より痩せた」らしい。
レイトンの冷静すぎるところにツッコミをかましたりと少年ながら、中々しっかりしている。また、ルークがナゾを解くところがあり、そこでも「英国少年」という言葉を使う。レイトンの真似?
少年なのでウブな所があり、お姉さんのアプローチにたじたじしていたりと少年らしいところが可愛かった。
中々生意気な事を言うので腹黒ではないかこの子?と思うところも結構あった。今回は動物と会話する。牛に対してはも~も~と会話したりいぬとはワンワンと会話したり、微笑ましいのか、電波チックなのかよもや分からない。


本人の感想

面白かった!頭が軟らかくなったような感じした!
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/06 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005 日々の平凡日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。